目薬の使い方G

〜 寝る前の点眼について 





<寝る前にさしても大丈夫?>

 昔「点眼薬は寝る前にさしてはいけない」と聞いたことがある年配の方が多いかもしれません。


 寝ている時はまぶたを閉じてまばたきをしないために、涙が分泌されずに涙の流れが止まります。涙には「緩衝(かんしょ

う)作用」と言って、酸性またはアルカリ(塩基)性の点眼液でも、刺激のない中性にする作用があり、点眼後の刺激症状等を

和らげる効果があります。

ですから、寝る前の点眼によって点眼液が眼に長時間とどまったり、刺激症状が続く可能性があります。


 以前は点眼薬に含まれる、ある特定の防腐剤が、寝る前に点眼すると眼に蓄積し、アレルギー・過敏症を生じることがあ

ったために「点眼薬は寝る前にさしてはいけない」と言われていました。しかし、現在ではその防腐剤を使用している点眼薬は

なく、安全な防腐剤が使用されています。


 また、一般に点眼薬は、点眼後510分後には眼の表面から吸収されます。


 ですから、特に「寝る前にささないように」という指示がなければ、通常は点眼後510分以上経ってから寝るのであれ

ば、使用しても問題はありません。

 「寝る前にささないように」と言われる点眼薬として、「サンチンク点眼液」などがあります。この点眼薬は収れん(収縮)

作用をもつ成分を含んでおり、刺激が強く入眠を妨げる可能性があるため、寝る直前の点眼は避けてください。

 また、この成分は市販の点眼薬にも含まれている場合もあります。特に寝る前に使用したい場合は、市販薬をお求めに

なる際に薬剤師にご相談ください。

 逆に、抗菌作用のある点眼薬などの場合、症状よっては効果を増すために寝る前の点眼を勧める医師もおられます。


 点眼の時間帯について、医師また薬剤師より説明があった場合には、指示通りの時間帯に点眼してください。


   次回も引き続き、点眼薬についてお話しします。









TOPページへ
http://www.uonuma-ph.jp/

当サイトに掲載されている情報、画像等の無断転用を固く禁止します。
Copyright(C) 2007-2015uonumatyouzaiguru-pu.All rights reserved.