うおぬま調剤株式会社 ロゴ
uonuma Pharmacy Group   服薬支援グッズ

坐薬開封のアイディア!!
    いなほ調剤薬局発信!!

     
   坐薬を開ける方法
 
ダンボールとホチキスを使用し片麻痺や指先の不自由な方が
         容易に坐薬を開封できるように工夫しました!!
 
 用意するもの
●坐薬
●ダンボール又はプラスチックダンボール
●厚手の紙(引っ張っても切れないもの)
●ホチキス

●その他(穴あけパンチ・マグネットフック又は吸盤フック(強力タイプ)2個
   





特 徴

★両手を使わないと開封できない坐薬を片手で開けることができます。

★手先が不自由な方や、麻痺などで片手しか使用できない方にお勧めです。

☆☆☆ いなほ調剤薬局にて実際にこの方法で投薬し大変喜ばれたアイディアです!!!
       写真はプラスチックダンボールを使用していますが、シップなどのダンボール箱で簡単に作ることができます。


作 り 方

@ 坐薬・ホチキスの大きさを
確認しダンボールを切ります。    (今回一般的なホチキスを使用)
もし、お手元にあればとじ奥行きが広いホチキスをご用意ください。押さえる部分を広く取ることができます。
A 今回、坐薬10.5cm×4.7cmに対しダンボール12.5cm×16cmで作成。
使用するダンボールの大きさを測ります。 ホチキスはいろんな種類があります。 横幅12.5cm×高幅16cmにしました。
B 坐薬のあけくちを上に
       開いてください。
C 下部分はダンボール側に
    置いたままにします。
D 坐薬のあけくち(ダンボール側)をホチキスで止めます。
あけくち部分を上に開いてください。 下部分はダンボール側にねかせたまま。 各坐薬をダンボールに固定します。
E 坐薬のお尻側(あけくちの反対)もホチキスで止めてください。
F あけくちに厚紙を取り付けます。坐薬の大きさに合わせサイズ2cm×4.5cm作成。
G 厚紙をホチキスで止めて坐薬のあけくち上側はひとつひとつ切り離してください。
お尻部分も各坐薬ごとに固定します。 厚紙 横幅2cm×長さ4.5cmにしました。 ホチキスでしっかり止めてください。
H 完成です。 厚紙を取り付けた取っ手部分は使用される方の状態に合わせ紙の長さを調整してください。


 ●奥行きの広いホチキスを使用し
  固定部分を多めに取りダンボールで
  作成してみました!!
固定部分を広くする事により肘などでの押さえも可能です。
左手で固定した様子
肘で固定した様子
完成です。
★★ さらにに一工夫 ★★
穴あけパンチで穴を開けフックにかければ片手で開封できます!
パンチで穴を開けます。
フックは磁石又は吸盤の強力な物を使用してください。
あけくち側に手を添えて固定し厚紙を引っ張ります。
 ポイント!!
 ●左完成写真より
   坐薬のお尻側(あけくちの反対)
   のダンボールはもっと少なめでも
   大丈夫!!
 
 ●奥行きが広いホチキスを使用し
    あけくち側のダンボールを多め
    した方が固定しやすくなります。
印刷してご使用ください。 ●作り方PDF








TOPページへ
http://www.uonuma-ph.jp/

当サイトに掲載されている情報、画像等の無断転用を固く禁止します。
Copyright(C) 2007-2015uonumatyouzaiguru-pu.All rights reserved.